ESG活動

ESG活動 トップ

環境〔Environment〕
事業活動を通じた資源の有効活用

老朽化したビルを壊さず再生
環境と共生する不動産再生事業を展開

不動産再生を通した環境配慮への取り組み

建物・設備改修等による環境パフォーマンスの向上

再生事業で購入するビルは築20~30年前後のビルが多く、旧型で効率性能の低い設備が設置されているケースが多くあります。当社はそのようなビルに対し最新式の空調設備やLED照明への更新、トイレの改修工事を実施する等して、販売後の故障リスクを抑えると同時に、建物の省エネルギー化を進めております。

空調改修工事

実施例:千代田区ビル

照明LED化の推進

工事例:目黒区ビル

不動産再生事業は、築年数が経過したビルを単純にスクラップ&ビルド(建て替え)するのではなく、建物のポテンシャルを見極めて引き出し、高収益で機能性に優れたビルに再生しています。そうすることで、化石資源の無駄遣いを抑え、かつ資源生産性を高め、環境と共生する事業として推進しております。また、2019年6月末時点で、累計377棟の不動産を再生いたしました。

オフィス移転もリサイクルの時代

オフィス移転に伴う廃材等をできるだけ少なくする「居抜きオフィス流通市場」を運営

オフィス流通においては、住宅とは違いテナントが退去するときに全ての間仕切りや造作、内装、設備等を解体・撤去し、入居時の状態(通常はタイルカーペットだけの状態)に戻すという商慣習があります。これはまだまだ使える資源を捨てることになり、地球環境にやさしいとは言えません。

当社の「そのまんまオフィス!」では、その単純に「もったいない」という感覚を元に2009年からこの事業を展開しています。本サービスを提供することで、オフィス移転に伴う廃材等をできるだけ少なくし、流通の効率化と地球に優しい環境改善の努力を行い、未来を考えた事業運営をしてまいります。


環境方針

環境理念

21世紀に入り、人間のエゴから地球上での自然破壊、資源の枯渇、地球温暖化が深刻化しております。当社は「人に幸せを、地球に愛を」と願い、エコ企業として資源の無駄遣いや環境破壊を抑えた環境に優しい循環型ビジネスモデルを実現し、結果として人類社会の進歩・発展に貢献することを目指します。地球環境と共生し、当社の事業活動を通じて資源の有効活用と環境保全を推進し、より積極かつ継続的に地球環境保護に貢献するために、環境マネジメントシステムを効果的に運用します。

事業指針

化石資源の無駄遣いを抑えるべく、再生・活用・流通を主旨とした不動産事業を展開します。

行動指針

  1. 当社は、つぎのような環境保全活動に取り組み環境負荷の低減と環境汚染の予防に努めます。
    1. (1) 当社の事業を通じて、地球温暖化の原因であるCO2発生の抑制に努めます。
    2. (2) お客様に喜ばれること、社会に役立つことを常に考え、事業が環境そのものと共生することを目指します。
    3. (3) 自主管理活動の一環として、省エネルギー、資源の節約に努めます。
    4. (4) 関係する方々 に対して当社は環境貢献の啓蒙を行います。
    5. (5) 清掃活動や植林活動など、ボランティア活動に努めます。
  2. 当社は、事業活動にあたって、法規制、条例およびその他の要求事項を遵守します。
  3. この環境方針を達成するため、経済的・技術的に可能な範囲において環境目的・目標を設定し、内部監査並びに環境マネジメントシステムの見直しを定期的に実施し、継続改善に努めます。
  4. 環境教育・周知活動を推進し、社員の環境意識の向上を図るとともに、環境方針を社外に公開します。


サンフロンティアグループ(会社概要)