企業案内

ホーム企業案内社員紹介小田 修平

社員紹介

誰にも負けない愛情を注ぐこと。その思いが、不動産を再生させる。 小田 修平(おだ しゅうへい) 不動産再生

不動産の潜在的な価値を最大限に引き出す。

私が担当させていただいている「不動産再生事業」とは、ビルのポテンシャルを最大限に引き出し、ビルに新たな命を吹き込む仕事です。建物の老朽化や近隣環境の変化によりテナント稼働率が低下し、資産価値が下がってしまったオフィスビルを、一旦当社にて購入させて頂き、当社独自の企画でのリノベーション(自社設計及び施工)を施し、再び満室とし、多くの人に使っていただけるビルへと再生します。
賃貸部隊を内製化している当社だからこそ知ることのできる、ビル周辺の地域の特性や賃貸マーケットの動向等の「土地勘」をフルに活かして、エリアのニーズをしっかりと捉えた企画を立案し、リノベーション、自社賃貸部隊によるテナント誘致により、最速・効率的に最高のビルを創り上げます。また、再生完了後に売却をさせていただくまで、一気通貫でマネジメントしております。
一口に不動産と言っても、その中身には、賃貸や売買、建築やビル管理、経営代行など様々な分野があり、その各分野においても、扱うビルの規模や種類・エリアや築年数によっても、最善の対応は全く異なります。不動産再生事業とは、そのすべてに精通し、社内外の専門家の力を結束することで、そのビルに合った最善の企画を立案し、実現することができる、サンフロンティア不動産ならでのビジネスだと思います。

不動産再生の全工程に責任を持つプロジェクトマネジャー。

私たちが行う「不動産再生事業」は、ビルの購入から再生企画、リノベーション、テナント誘致、売却までの全てのプロセスを、一人の担当者が「プロジェクトマネジャー」として責任を負います。一つとして同じもののないビルに対して、それぞれに最善の再生企画を立案し、必要なプロセスの全体像を描き、実行のために最適なメンバーを集めてチームを組みます。そして、プロジェクトチームがサンフロフィロソフィの元に、一丸となって、ビルの潜在的な価値を最大限に引き出すための議論を尽くし、それぞれの持つ専門的な知識や意志をぶつけ合い、付加価値を最大限に高めます。
この不動産再生のプロセスを分業制にするのではなく、プロジェクトマネジャーが一貫して全てに責任を持ち、全体を管理することで、再生企画を何がなんでも実現する、という強い意志を持って不動産再生事業に取り組んでいます。

不動産を「心の通ったもの」として扱う。

私たちが他の不動産会社と大きく異なる点は、サンフロフィロソフィという哲学の元、人を大切に想うのと同じように、不動産を大切に想う心を強く抱いているということです。全てのビルにはそれぞれストーリーが存在し、その時々のオーナー様の想いが込められています。私たちは、「オーナー様がどのような想いでそのビルを建てられたのか」、「オーナー様ご一家がどのようにビルを守ってきたのか」、その気持ちをしっかりと受け継ぎ、前のオーナー様以上に愛情を注ぎ、大切にさせていただきたいと考えています。
担当者が現場に足繁く通い、そのビルの良い所を知り、その価値を最大限に引き出すこと。光の濃淡や色、素材感や空気などの細部にまでこだわり尽くし、全体として調和のとれた「情緒」や「徳」の感じられるビルへと再生する。私たちの再生したビルに一歩足を踏み入れていただくと、私たちがビルに込めた愛情や温かさを感じていただけるような、私たちならではの再生を、常に目指しています。

「感謝報恩の心」で仕事に取り組む。

ご縁があって、お客様とお会いさせていただけることや、仕事をさせていただけることに感謝し、そのご恩をお返しすべく、自分の全てを発揮して、誇りを持ってお役立ちさせていただくこと。不動産再生のプロフェッショナルとして、ビルの最善の姿や、お客様の真の幸せ、そしてその実現のために私たちに何ができるのか真剣に考え、最善のご提案させていただくこと。
私たちは、感謝報恩の心、全てを感謝で受け入れ、恩に報いることを強く想うことを、お客様に真にご満足いただき、お喜びいただくための信念に据えています。

「不動産再生道」を極めたい。

私たちは、「不動産再生事業」を「不動産再生道」として捉えています。それは、茶道や華道のように、道には終わりはなく、極めるために高め続ける世界だからです。
つまり、不動産再生には完成形がなく、それ故に私たちは常に精進し、世の中の流れに沿い変化し、どこまでも成長する必要があります。そして、今よりも更に、お客様にご満足いただき、お喜びいただけるよう、この道に使命感を以って、歩み続けていきたいと考えています。

受託ビル
テナント入居率情報

入居率
賃貸面積ベース
-%
受託棟数
-

グラフで見る

-

不動産をお探しの方

お客様のご意見・ご要望を
お聞かせください

ページトップへ