企業案内

ホーム企業案内社員紹介小林 寛之

社員紹介

売買の時よりも、売買の後に、「任せてよかった」と言ってもらえる不動産会社でありたい。 小林 寛之(こばやし ひろゆき) 売買仲介

売買仲介だけではなく、その後の運用まで支援する。

売買仲介とはその名の通り、「不動産を売りたい」という方と「不動産を買いたい」という方のニーズをマッチングさせる仕事です。ただし、私たちの売買仲介は、不動産を売りたい/買いたいというご要望の背景からお聞きし、お客様が抱える真の課題を見極め、それを解決するための最善策をご提案し、実行までご支援させていただきます。お客様にビルのご購入を斡旋した場合、お買いただいたビルのテナント誘致や経営の代行を私たちが担わせていただくケースが多くあります。不動産の価値を最大化する活用方法をご提案し、実際の運用まで責任を持ってご支援させていただくことが私たちの仕事です。

不動産のあらゆるプロセスに精通したプロであること。

サンフロンティア不動産は売買仲介だけではなく、不動産に関わるあらゆるサービスをワンストップで提供しています。また、私個人としても、かつてはリプランニング事業部に所属し、付加価値創造のための賃貸仲介、改修工事、テナント折衝、ビル管理など一連の業務を経験し、不動産再生を担当してきました。お客様にビルをご購入いただく際、ただ単に資産価値の高いビルをご紹介するのではなく、ご購入後に必要な工事や賃料設定、収益を高める運営方法などもご提案させていただくことが可能です。また、ビルのご売却についても、お客様の状況やご要望に合わせて最善の売却方法をご提案させていただきます。稼働率が悪ければ賃貸募集を優先し、建物修繕が必要であれば提案し、最も良い状態、さらにより高く売却が可能なタイミングでご売却いただく。不動産活用のあらゆるプロセスに精通した専門家だからこそ、お客様の収益を最大限に高めることが可能です。

すべてをお任せいただけるパートナーへ。

初めて物件を購入するという段階から、テナント様を誘致し、改修工事を行い、ビルを運営し、場合によっては売却する。そのすべての過程を私たちはご支援することができます。一般的にリスクが高いと思われがちなオフィスビルへの投資ですが、私たちは安定した高稼働高収益の運営を実現してきました。お客様が本業に専念し、ご自分の時間を自由に使っていただけるよう、不動産に関わることはすべて任せていただき、お客様の負担を少なくすることが私たちの役割だと考えています。

「お約束を必ず守る」を積み重ねる

私が仕事をする上で一番大事にしているのは誠実さです。言葉にすると単純なのですが、「当たり前のことを当たり前にする」、これを突き詰めていくことがお客様から信頼いただく第一歩だと考えています。約束は必ず守り、やると言ったら必ずやり遂げる。お客様のご要望に一つひとつ誠実に対応させていただき、お客様の思いを理解し、実現しようとする姿勢は、必ずお客様に伝わるものだと思います。

不動産業界を、社会から尊敬される業界にしたい。

私が不動産業界で働く中で常々感じていることは、良い不動産パートナーに出会えていないお客様がたくさんいらっしゃるということです。未だに、「運営に困るビルを買わされた」、「取引が終わったら連絡がつかなくなった」というお客様の声を耳にすることが多々あります。私は自分の仕事を通してお客様に真にお役に立つことで、不動産業界の社会的な地位を高め、社会から尊敬される業界にしていきたいと考えています。

受託ビル
テナント入居率情報

入居率
賃貸面積ベース
-%
受託棟数
-

グラフで見る

-

不動産をお探しの方

お客様のご意見・ご要望を
お聞かせください

ページトップへ