事業紹介

ホーム事業紹介リプランニング[不動産再生事業]リプランニング[導入事例4]

リプランニング [導入事例4]

立地の特性を生かしたリニューアルで稼働率アップ

本物件は、渋谷駅から徒歩5分に位置する築後21年を経過したオフィスビルです。このビルは、駅から至近であるものの、明治通りから少し入った場所にあり、過去の修繕工事が不十分であったため、稼働率が半分程度にまで下落していました。そこで、屋上防水や外壁補修など必要な改修工事をすべて行い、またエントランス周辺へ緑化を施し、明るく清潔感のある管理の行き届いたビルへリニューアルすることで、満室稼働に繋がった物件です。
その原点は、地域に根付き、街のためにと汗をかいた社内メンバーの活躍です。渋谷の立地特性である個性的なお客様の需要・ニーズを、社内各部署の担当者が、何回も議論を繰り返し、その中からニーズを明確にし、カタチに変えることで、渋谷で働く人が勤めたい企業の求めるニーズに合致し、要望の120%に対応したビルへ変貌しました。加えて管理内容の見直し、第三者機関への建物診断も行い、ご入居いただくテナント様へ、安心・安全な環境を作り出すことに成功した事例です。
地域とお客様に密着した基盤=仲間がいたからこそ実現した、サンフロンティア不動産の強みがここにあります。

エントランス周辺の緑化(改修)
Before → After

リプランニング事例

ページトップへ